ブルーライト 目 影響 対策

知らないと怖いブルーライトの影響とは?

ブルーライト 目 影響 対策

ブルーライトが身体に与える影響は、疲れ目や目のかすみ、ドライアイといった症状だけではありません。普段寝ても疲れが取れない、なかなか眠れ無い、肩凝りや吐き気、頭痛が酷いといった症状にも影響しています。そして、一番怖いのが不眠症やうつ病といった深刻な精神疾患です。ブルーライトは目に対する刺激が強いだけでなく、自律神経を刺激するといったことが指摘されています。
夜に布団に入ってスマートフォンを操作しているとなかなか眠れず、気付いたら深夜だった、または明け方だったという経験をする方は多い筈です。これは、液晶ディスプレイが発するブルーライトにより、自律神経のうち交感神経が刺激されてしまうことで興奮状態により、睡眠に突入できなくなるといった問題があります。
このような生活を毎日続けることにより、睡眠時間はどんどん減っていき、脳神経は疲弊してしまい、ついには不眠商やうつ病といったことに繋がってしまいます。
因果関係の有無については様々な場所で議論されていますが、子供がテレビを遅くまで見るのと同様に、大人も本来は成長ホルモンにより修復され、副交感神経によりリラックスしている状態を阻害されることは身体的かつ精神的にも影響が出てくるのは当たり前のことです。

 

.スマホやパソコンを利用するならメガネ以外に対策も!

ブルーライト 目 影響 対策

ブルーライト対策として、PC専用メガネや健康食品による対策を行っている方は多いと思います。しかし、これらの方法では対策は万全ではなく、大元となる発生源に対策をする必要があります。
液晶テレビやディスプレイならバックライトの輝度や色調を変更することで目の疲れは大きく改善されます。日常的には様々な場所でブルーライトの発光源があるため、精神的にもリラックスする自宅では可能な限り、ブルーライトの削減が必要になります。
最近では、スマートフォンやタブレット端末でもブルーライトカット機能やアプリが利用出来るため、生活範囲においてブルーライトの影響を減らすことが出来ます。また、アプリがや機能が無い液晶テレビやディスプレイでも、調整により目に対する刺激が少ないレベルに設定することで対策が可能になっています。
わざわざ、専用フィルターを設置する必要が無く、メガネが掛け慣れない方でもブルーライトのカットの効果を体感することが出来ます。

 

こんな症状を感じたら要注意!

ブルーライトの影響が出ているかもしれないといったことは、症状によって把握することが重要です。疲れ目やドライアイといった症状は非常に気付き難く、直ぐに目薬で対策が出来てしまいます。
そのため、これまでにこのような症状を感じていない方は、初期症状として注意し、対策するのがおすすめです。
また、なかなか寝付けないといった症状、肩凝りや頭痛、めまいといった症状を感じた場合は直ぐにでも対策が必要な状態になります。
一方で、日常的に慢性的な肩凝りが続いていること、頭皮や顔面の筋肉が緊張状態にあるといった方はブルーライトの影響による影響が出始めているため、超注意になります。
悪化してからでは、症状の改善まで非常に時間が掛かり、神経にダメージが及ぶ前にケアすることが重要になります。

 

めなりなどのサプリメントを飲んでのケアなども試してみてはいかがでしょう。

 

 

白井田七茶